鞄とかに入れて打ち合わせに持っていくとすごく捗る便利グッズ(nu board他)

2015年05月03日
社会人なら誰でも、打ち合わせをする機会が日常的にあると思います。
私はどちらかというと、お客様先や、自社内でも自分の職場以外の場所に訪問して打ち合わせやミーティングをすることが多いです。

自分が主催するのではなくて、いつもと違う場所での打ち合わせに呼ばれて行くときなどに、持っていくと意外と便利なことがあるツールとかアイテムをまとめて紹介します。

常に役立つ必須アイテムというほどではなく、たまに役立つことがあるよ、という程度です。
また、慣れた人なら持ってて当たり前だろってアイテムも多いかもしれません。
当然ですが、これを持っていれば打ち合わせがうまくいく、というものでもありません。

スポンサーサイト

この記事では以下のグッズを紹介しています


・ホワイトボードのペン、マーカー
・nu board(ヌーボード)
・ポストイット(付箋)を2色×2サイズくらい
・レーザーポインタ

ホワイトボードのペン、マーカー


打ち合わせをする会議室には、ホワイトボードが置かれていることが多いです。
しかし、そこには必ずと言っていいほど、色が出なくなって書けなくなったペンが置かれています。

書こうとしても書けないので、別のペンを使おうとしますが、やっぱり書けない。
ほとんどの人が、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

そんなとき、スッと「マイペン」を取り出すと、ちょっと「おおっ」っていう感じになります。

書けないペンでイライラしたり、書けるペンを探す無駄な時間の浪費を防止できます。
それより何より、「こいつ慣れてるな」っていう感じを出せます。

調子に乗っていると、初心者は、打ち合わせ終了後に自分のペンがどれかわからなくなって焦ります。
なので、ペンにテプラなどで、会社名や名前などの目印をつけておくのがちょっとしたコツです。

色は黒だけで十分と思いますが、赤や青もあるとモアベターです。
ちょっとかさばりますけど。

ペンの太さは好みの太さで構わないですが、やや太めの方が、汎用的な会議室で使える気がします。
シヤチハタ アートライン潤芯ホワイトボードマーカー  K-527/4W 丸芯 4色セットシヤチハタ アートライン潤芯ホワイトボードマーカー K-527/4W 丸芯 4色セット
シャチハタ
筆記幅:丸芯 4色セット 約2mm/角芯 4色セット 約5mm又は約2mm
セット内容:黒・赤・青・緑


nu board(ヌーボード)


打ち合わせの時には、ホワイトボードは絶大な威力を発揮します。
ただ、残念ながら、どこにでもホワイトボードがあるわけではありません。
特に「会議室」ではなく、「ミーティングスペース」とか「喫茶店」などのような、ちょっとした場所にはホワイトボードはありません。

そこで便利なのが、持ち運べるタイプのホワイトボードです。
その中でも特に優秀だと思うのが、「nu board」という商品です。
CANSAY nu board (ヌーボード) A4判 NGA402FN08CANSAY nu board (ヌーボード) A4判 NGA402FN08
欧文印刷
2014年07月25日


簡単に言うと、ホワイトボードがノートになったものです。
この製品は、かなり使い勝手が良いです。

・ノート型なので、カバンに入れ持ち運べます。
・カバーや透明シートが付いているので、持ち運ぶときに消えません。
・1ページごとに透明シートがついていて、上から書いたりもできる。
・あとで普通のスキャナで取り込める

打ち合わせ以外でも考えをまとめるときなどにも使え、とにかく圧倒的に便利なツールでおすすめです。
ひとり1冊持っていても損はありません。

注意事項としては、長時間放置しておくと消えにくくなることです。
感覚的には2〜3日放置すると消えにくくなる感じがします。
でも、水で濡らして拭いたり、ウェットティッシュで拭いたりすると簡単に綺麗になります。

透明シートの方は、すぐ消えにくくなるので、直接描かずにポストイットを貼る方が良いように思います。

打ち合わせの場合、ある程度のサイズと持ち運びのしやすが必要なので、私のおすすめはA4サイズです。
あと、これもマーカーを失くしやすいので注意が必要です。


ポストイット(付箋)を2色×2サイズくらい


上記のホワイトボード等と合わせて使うと非常に便利なのがポストイットです。

なかなか意見がまとまらないときなど、一旦、皆の意見をポストイットに書き出します。
そして、似たような内容のポストイットをグルーピングしたり、関係を矢印でつないだりして整理していくと、なんとなくまとまってきて、一見バラバラに見えたみんなの意見がスッキリした気になります。
そこから議論すると、まともな議論になりやすいです。

逆に意見が出ないときには、各参加者にポストイットを配って3枚ほど意見を書いてもらって、貼り出しながら意見を言ってもらうという使い方もあります。

色は2色以上あると便利です。
ホワイトボードに直接書くよりポストイットに書いた方が、整理するときに位置を移動しやすいのがメリットです。

サイズはお好みで良いと思いますが、会議室や人数にもよっては小さいと読めないので、念のためちょっと大き目の15p×10cmくらいのポストイットも持っておくと便利です。
ポスト・イット ノート 150x100mm 100枚 イエロー 659RP-Yポスト・イット ノート 150x100mm 100枚 イエロー 659RP-Y
3M(スリーエム)
色:イエロー


レーザーポインタ


最近は、会議もペーパーレスということで、紙の資料を配布せずに、資料をプロジェクタでスクリーンに映したり、大きなディスプレイに映したりして会議をすることも増えています。

そういうときに、レーザーポインタがちょっと便利です。
「これが…」とか言いながら意見を言うときに、説明しやすくなります。

まあ実用という意味では、実はそれほど大きな効果は無いです。
ただ、なんとなく「できるビジネスマン」って感じを出せる気がします。

ものは、どれでも良いと思いますが、あまり高機能なものは必要ありません。
個人的には、PCと連携するなどの機能は不要で、機能よりも光の強さが重要と思ってます。
会議室は、薄暗いとは言っても、打ち合わせ中はそこそこの明るさのことが多いため、光が弱いとレーザーポインタの光がよく見えないためです。と言っても、会議室程度の広さの部屋なので、普通のやつで大丈夫です。
INFINITER 100赤色レーザーポインター、黒、プレゼンテーション用ポインターINFINITER 100赤色レーザーポインター、黒、プレゼンテーション用ポインター
Quarton Inc.


まとめ


というわけで、以下のツールをまとめて紹介しました。
・ホワイトボードのペン、マーカー
・nu board(ヌーボード)
・ポストイット(付箋)を2色×2サイズくらい
・レーザーポインタ

これらを常にカバンの中に入れておくと、意外な場面で役に立つことがあります、という話でした。


スポンサーサイト

タグ:NUboard ツール
posted at 20:24 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: