Google Search Consoleの検索アナリティクスでSEOをやって掲載順位向上、PV増加

2015年05月18日
以前に、Google ウェブマスターツール(現 Google Search Console)に登録する記事「SeesaaブログにGoogleウェブマスターツール(現Google Search Console)を導入してみる」を書いてから、3ヶ月以上が過ぎました。
この間にSEOという観点で、Google Search Consoleを使って私がやってみたことや、わかったこと、使い方などを備忘録代わりに整理しておきます。

ちなみに、これは当ブログとは別のブログで私がいろいろやってみた結果です。
先に書いてしまいますが、必ずしもうまくいっているわけではありません。

※ 2015年5月21日追記
「Googleウェブマスターツール」は、2015年5月20日に「Google Search Console」という名称に変更になりましたので、当記事も修正しております。

スポンサーサイト

SEOの基本的な考え方


まずは、SEOの基本的な考え方をまとめておきます。

SEOとは、事実上、Google検索結果の上位に入るための取り組み


「SEO」とは、Search Engine Optimization(=検索エンジン最適化)の略で、
検索結果において、ウェブページをより高い順位に表示させることを目的として行う取り組みのこと。(Wikipedia 検索エンジン最適化より引用)
です。

特に現在は、検索エンジンとしてはGoogleが圧倒的なシェアを占めていますので、事実上、Googleでの検索結果の順位をいかに上げるか、という活動になります。

Googleで検索をしていればわかると思いますが、ほとんどの場合、検索結果の上位3つくらいしかクリックしませんし、それで満足しなかった場合でもせいぜい上位10個くらいまでしかクリックしないと思います。

さらに言えば、上位1、2位は、大手のサイトが並んでいることが多いので、個人のサイトが上位1、2位に入るのはかなり難しい状況です。

つまり、まずは検索上位3〜5位に入ることを目標として、それが難しい場合も10位以内を目指すというのが、基本的な取り組み方針になると思います。それが無理なら諦めて、ターゲットとするキーワードや方向性を変えるなどが必要だろうと考えます。

SEOの考え方=Googleの考え方を理解する


Googleの検索結果で上位になるためには、やはりGoogleの考え方を知ることから始める必要があります。

Googleでは検索順位を決定するアルゴリズムを非公開としていますが、いくつか参考になる資料がありますので、まずは、これらを理解します。

細かいことは置いておいて、ざっくりまとめると、ユーザにとって価値のあるページ、使いやすいページを上位に表示する、ということだと思います。
今後どうなるかはわかりませんが、このGoogleの方針は変わらないと思います。

特に近年の機械学習、人工知能の発展を考えると、検索エンジンが、ユーザにとってのコンテンツの価値や、ユーザ体験の質をより適切に評価できるようになるので、検索エンジンのための小手先の対策よりも、コンテンツ自体の価値向上やユーザの体験を向上させるようなサイトを提供することが重要になるだろうと思います。

SEOの流れ


私もSEOをやるための正しい手順を知りません。が、以下のように考えています。
  1. ターゲットのユーザを考える。誰にとって価値があるか?

  2. ターゲットのユーザにとって価値があると思う記事を書く

  3. ユーザが検索しそうなワードを考える

  4. Google Search Consoleで、そのワードの検索順位を調べ、順位を上げるための仮説と検証を繰り返す

実際のGoogle Search Console利用の例


私が所有している別サイトでの例を紹介します。
上記の手順1〜3で、ターゲットユーザを決めて既に記事をいくつか書いており、ワードも仮に「キーワードX」として、以降では、手順4のGoogle Search Consoleで、そのワードの検索順位を調べ、順位を上げるための仮説と検証を繰り返した例を記載します。

サイトの状況


やったことを紹介する前に、まずは前提と結果を貼っておきます。
狙っているワードXでの私のブログの掲載順位の推移です。

Googleウェブマスターツール:キーワード掲載順位推移

はっきり言って「ワードX」は大したキーワードではなく、ブログを開始した2015年1月の状態でも掲載順位が30位程度にはなれるような、ややマニアックなワードです。
30位からはじまって、上がったり下がったりしながら、現在では5〜6位で安定するまでになりましたので、まあまあの成果と思っています。

PVは、このワード単独で当初の5倍程度、関連ワードも含めると10倍以上になりました。

Google Search Consoleで現状のクリック数や表示数、掲載順位を把握する


Google Search Consoleにログインすると「ダッシュボード」が表示されます。
真ん中に表示されている「検索アナリティクス」をクリックすると、推移グラフと、その下に検索クエリの一覧が表示されます。

初期状態では「クリック数」しかチェックが入っていませんが、まずは「表示回数」「CTR」「掲載順位」にもチェックを入れます。

下図は2015年2月14日〜21日のワードXのデータです。
Google Search Console:検索アナリティクスの2015年2月14日〜21日のデータ

クリック数15、表示回数60、CTR25%、掲載順位は25.7位となっています。
まずは、掲載順位10位以内を目指すことにしました。

準備として比較評価するための記事をとにかく増やす


準備として、同じワードXをテーマにして、いくつかの異なる視点や切り口などで記事を増やすことにしました。

どういう記事が上位に表示されるかを比較するためです。
私の場合、1月中旬頃からそのブログを始めていて、約1ヶ月間、ちょっとずつ記事を増やしていき、2月中旬時点で15の記事を公開している状態になりました。

SEO実施前にどの記事が上位に掲載されるか確認する


ワードXのデータの「>>」となっている箇所をクリックします。
Googleウェブマスターツール:検索アナリティクスの画面

次に、「ページ」と書かれたラジオボタンを選びます。

Google Search Console:検索アナリティクスの画面2

すると、そのキーワードで検索したときに、表示、クリックされたページの一覧が表示されます。
これを見ると、どのページが上位に掲載されたか、クリックされたかがわかります。

ただ、ワード単独で検索されてヒットすることは少ないので、そのワードを含む検索の結果で見た方が良いことも多いです。
その場合、「クエリ」のワードの下矢印のところをクリックして「クエリをフィルタ」を選択し「次を含むクエリ」に変更し「フィルタ」をクリックします。

また、わかりやすくするために、掲載順位だけ表示するか、掲載順位の順でソートしたほうが良いかもしれません。
そして、上位に掲載されるページと下位に掲載されるページ、そもそも掲載されないページで何が違うのかを比較し、その原因について仮説を立てて、ひとつずつ検証していくことにしました。

私の場合、これまでの結果から立てた仮説はまず以下の3つです。
・仮説1:情報の多いページの方が上位に掲載される?
・仮説2:タイトルの中にキーワードXを入れた方が良い?
・仮説3:タイトル内のキーワードXの位置は前半の方が良い?

仮説1:情報の多いページの方が上位に掲載される?


たまたまかもしれませんが、キーワードそのもののカテゴリページが上位に表示されていました。
私のサイトのカテゴリページは、関連する最新5件の記事がそのまま表示されるようになっているので、個々の記事ページと比べると5倍の情報量があることになります。

さらに、掲載順位が上位の記事と下位の記事を比較すると、上位の記事はやや文章の量が多い傾向があることに気が付きました。

このため、そのワードに対する情報量が重要という仮説を立てました。

仮説1の検証1:ひとつの記事に複数のネタをまとめる⇒効果あり


それまでは、ひとつの記事にひとつのネタだったのですが、試しに4つのネタをまとめてひとつの記事にしてみました。ただし、ひとつひとつのネタは、少しボリュームを減らして、記事の量は2倍くらいの記事にしました。

結果、まとめた記事が圧倒的に上位に来てしまいました。正直なところ、ここまで顕著に違いが出るとは思ってなくて、予想外でした。
あまりまとめて書くとすぐにネタ切れになるので、以降は、定期的に小ネタをまとめることにしました。

仮説1の検証2:ひとつの記事のボリュームを増やす⇒微妙…


過去に書いた短い記事のいくつかに手を加えて、情報量を増やしてそれなりの内容の記事にしてみました。手を加えなかった他の記事に比べて、変化があるかを確認しました。

結果、若干の影響はありそうですが、それほど大きな変化はありませんでした。
何もしなかったページよりは、上位に掲載されている気がしますが微妙なところです。
量を増やしても、中身が薄いと効果も小さいということかなと思います。

仮説2:タイトルの中にキーワードXを入れた方が良い?


これについては検証するまでもなく、当然、タイトルにキーワードを含めた方が良いことは予想できます。
実際、上位に掲載されるのは、タイトル中にキーワードがある記事ばかりです。

しかし、必ずしもタイトルに入れにくいネタの場合もあって、不自然に入れるのもどうかという気がしていて、どのくらい影響があるのかが気になります。

仮説2の検証:タイトルにキーワードXを入れない記事を書いてみる⇒掲載順位低下


記事の内容的にはキーワードXを含み、記事内にもキーワードXを入れて、キーワードXのタグをつけて、タイトルにはキーワードXを入れない、ということをやってみました。

結果は予想通りで、まったく上位に掲載されませんでした。
多少、無理をしてでもタイトルに入れた方が良さそうです。

仮説3:タイトル内のキーワードXの位置は前半の方が良い?


これもたまたまかもしれませんが、タイトル内でキーワードXが前半にある方が上位に表示されている感じがしました。正直、大きな差ではないので関係ない可能性も高いです。

キーワードXを求めるユーザにとっては、検索した際にタイトルの頭にキーワードXが付いていれば、求めている情報であることがわかりやすいとは思います。

例えば「キーワードXに関する○○」みたいなタイトルの方が、「○○に関するキーワードX」よりも、もしかしたらわかりやすいのかもしれません。
もちろんタイトルと内容と合っていることが前提ですけど。

仮説3の検証:タイトル内のキーワードの位置を前半に移動する⇒微妙…


いくつかの記事で、タイトルを変更してキーワードの位置を前半に持っていきました。
結果としては、ほとんど影響ありませんでした。もしかしたら、微妙に違うのかもしれませんけど、目に見えた違いは確認できませんでした。

Google Search Console活用例のまとめ


Google Search Consoleを見ながら、上記のような仮説、検証を今も繰り返しています。
今は、掲載順位と比べてクリック率が低い記事の原因は何か?とかを、試しています。
一応、わかったことを列挙すると、以下のような感じです。
  • ワードに関する有益な情報の「量」の多いページが上位に掲載される

  • 文字の量が多くても情報が少ないとあまり効果がない

  • タイトルには、ターゲットのワードを含めることが必須

  • タイトル中のワードの位置は最初の方が良いが、大きな効果はなさそう

Google Search Consoleの使い方はいろいろあると思いますが、今回は、特定のワードでの掲載位置を上位にする目的で、活用してみた事例を紹介しました。

これがベストの使い方とは思いませんし、もっとうまい使い方はあるはずです。
ただ、基本は、仮説を立てて、何パターンが実践してみて結果を比較して効果を検証する、というやり方になると思います。
どうしても結果が出るまでに時間がかかるので、複数の検証を並行してやることになり、個々の実験の効果が見えにくいという問題はあります。

Google Search Consoleで気が付いたこと


Google Search Consoleのデータが1週間くらい反映されないときがある


大体いつも3日前くらいのデータが表示されていて、遅いときは1週間くらいデータが更新されないときがあります。原因はわかりませんがそういうものみたいなので、気にしないことにしました。

掲載順位が自分で検索した時と違う


原因はいろいろあり、言語とか国とか個人の設定によって順位は変わるようです。あまり気にしても仕方がないので、そういうものだと思って気にしないことにしました。

Googleアナリティクスとの違い


SEOのためには、Googleアナリティクスも活用する必要がありますが、Googleアナリティクスにも似たような検索クエリの分析機能があり、最初は違いがよくわかっていませんでした。

Google Search Consoleのポイントは、「Googleで検索された、ほぼすべてのクエリを分析できる」ということです。
一方、Googleアナリティクス(または、その他のクエリ分析ツール)は、SSLによって分析できないため、Google検索の多くのデータが欠落します(not providedになります)。

その代わり、Google以外のYahooとかの検索結果も分析できるようですが、現時点での検索のほとんどはGoogleなので、Google Search Consoleの方が精度の高いクエリ分析ができます。
また、Google Search Consoleの方がフィルタなどの機能の使い勝手は良いように感じます。

ですので、クエリ分析だけに限定すると、Google Search Consoleの方が有用と思います。

スポンサーサイト

posted at 01:58 | Comment(0) | ブログ関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: