GoogleウェブマスターツールがGoogle Search Consoleに名称が変わった

2015年05月23日
つい先日、GoogleウェブマスターツールでSEOをやってみたという記事を書いたばかりですが、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」の名称が「Google Search Console」に変更になったそうです。

情報元:
"Google Search Console" - ウェブマスター ツールが新しくなりました Posted: 2015年5月20日水曜日
スポンサーサイト

名称変更の経緯は?


元々は名前の通り「ウェブマスター」のためのツールでしたが、実際の利用者はウェブマスターだけでなく、デザイナーとか開発者とかSEOのプロとか、その他もろもろになってきていて、だったら名前を変えてしまおう、ということのようです。

言われてみればその通りで、私もウェブマスターっていうほど大したことはやってなくて、単にブログを書いている一般人にすぎませんし。

とは言え、新しい「Google Search Console」という名称がわかりやすいかというと、日本人には微妙かもしれません。
コンソールという単語が、やや耳慣れないというか、イメージが湧かない人が多いような気がします。

名称以外の変更は?


名称が変わっただけなのか、機能は変わっていないのか、気になるところです。

なんとなく触ってみましたが、名称変更のタイミングで大きな機能変更は無さそうに思います。
ただ、その前後にいくつかの変更や機能追加があったので、微妙なところはよくわかりません。

そのあたりの変更情報は、下記の公式サイトを確認ください。
- Google ウェブマスター向け公式ブログ

今後についての予想


今後、どうなっていくのか個人的な予想です。多分、大きく外れると思います…

ここのところ、モバイル端末やアプリの利用が増えていますので、Google検索やGoogleから提供される各種サービスもモバイル端末が対象になってきています。
このため、「Google Search Console」も、モバイルのユーザを意識した機能になってきていて、この傾向はしばらく続くと思います。

また今回、名称が「Google Search Console」になって、「ウェブマスター」よりも、より幅広い利用者を対象とする感じがします。
一方で、「Console」というIT系で使われる用語が名称に使われていますので、一般のライトユーザ向けというよりは、もう少しIT系に特化して、IT系の様々な職種の方々が利用できるツールになるのではないかと思います。

開発者・プログラマ向けや、Webやアプリのデザイナ向けの機能が増えたりするのかもしれません。

スポンサーサイト

posted by 黄昏のスペシャルパンダ at 23:03 | Comment(0) | ブログ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。