Windows10でRuntime BrokerがCPUを消費していたのが解決しました

2015年08月11日
今日、特に何もアプリを動かしていないのに、PCのファンがフル稼働していることに気が付きました。
タスクマネージャで確認したところ、「Runtime Broker」というのがCPUを20%程度消費していました。

いろいろ調べて試していたら、なんとなく解決したっぽいので、メモしておきます。

なお私の環境は、先日Windows8.1からWindows10にアップデートしたものです。

※ 2015年9月6日追記
本日、同じ現象が発生して、それも解決したので追記しました。
スポンサーサイト

ちょっと調べてみたところ、この現象には、いろいろな原因があるようで、確実な解決策は何とも言えません。
とりあえず以下あたりを試してみると解決するかもしれません。(本記事の最後の関連リンク3番目とほぼ同じ内容です…)

(1)ロック画面の背景を画像にする
(2)Windowsに関する通知をオフにする
(3)レジストリをいじってRuntime Brokerをオフにする
(4)「フォト」のソースフォルダを削除(2015/9/6追記)

以降、それぞれ簡単に紹介しますが、何が起きても責任は負えません。

(1)ロック画面の背景を画像にする


(※ 2015/9/6追記:下記で解決する場合、(4)「フォト」のソースフォルダの設定が原因の可能性がありますので、先に(4)の手順を試された方が良いかもしれません。)

スタートメニューで「設定」→「パーソナル設定」→「ロック画面」で
「背景」の下にあるドロップダウンで「画像」を選択し、その下あたりに表示されている適当な画像を選びます。
ロック画面の背景を画像にする
私の場合は、この方法で解決しました。元々は、「背景」が「Windows スポットライト」になっていて、今でも「Windows スポットライト」に変更すると、Runtime Brokerが稼働を始めます。


(2)Windowsに関する通知をオフにする


スタートメニューで「設定」→「システム」→「通知と操作」で、
「Windowsに関するヒントを表示する」を「オフ」にすると解決するとのこと。
その様子の動画がYoutubeにも公開されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=3Yg_ZdhE4rI

私の環境では、この方法では解決しませんでしたが、試す価値はあると思います。


(3)レジストリをいじってRuntime Brokerを無効にする


おそらく最終手段と思いますが、Runtime Brokerを無効にしてしまう方法です。
通常の方法では無効にできないので、レジストリを編集する必要があるようです。
レジストリの編集はリスクを伴いますので、それなりの覚悟をしてください。
・スタートメニューボタンで右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を選び「regedit」と入力して、「OK」をクリック。
・「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか」で「はい」
・レジストリエディタの左ツリーを展開
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBroker
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBrokerSvc
(2017/2/22修正:いつの間にかレジストリのキー名が変わっていました。
  石動さま、コメントで情報いただき、ありがとうございました)
・レジストリエディタの右の「Start」をダブルクリックして「値のデータ」を3から「4」にして「OK」
 regedit
で、再起動。
私は試してないので、どうなるかわかりません。


(4)「フォト」のソースフォルダを削除(2015/9/6追記)


まず「フォト」アプリを起動します。
私は普段あまりフォトアプリを起動しないので正しい起動の仕方がわかりませんが、適当な手持ちの画像をダブルクリックするとか、スタートメニューの「予定と近況」のあたりにある「フォト」を選択するとか、スタートボタンの右横あたりにある虫眼鏡のマークをクリックして「フォト」と入力するとかで、起動すると思います。

次に「フォト」アプリの左下にある歯車のアイコンをクリックします。
「ソース」というところフォルダがいくつか表示されます。
これらのフォルダの中に、画像ファイルが大量においてあるフォルダがあれば、そのフォルダの右にある×ボタンを押します。
photosource.png

「このフォルダーを削除しますか?」というダイアログが出ますので、「フォルダーの削除」をクリックします(フォルダ自体が削除されるわけではありません)


関連リンク


全部英語のサイトです。
- Runtime Broker CPU Usage Fix : Windows10 - Reddit
https://www.reddit.com/r/Windows10/comments/3fe1lx/runtime_broker_cpu_usage_fix/

- Runtime Broker high CPU usage - Microsoft Community
http://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-other_settings/runtime-broker-high-cpu-usage/4302a4dd-44c1-474e-8e6a-3c00889c65a7

- Solved Runtime Broker Process - Windows 10 Forums
http://www.tenforums.com/general-discussion/7907-runtime-broker-process.html

スポンサーサイト

posted at 01:01 | Comment(7) | IT関連
この記事へのコメント
私も1で解決しました。
ありがとうございました。
Posted by at 2015年08月16日 18:43
自分は3で解決したけど、やっぱりレジストいじるのはあまり気分よくないですよね。
Posted by at 2015年08月17日 17:43
Runtime BrokerのCPU消費うざかった
調べても解決策が分からず1っか月くらいうるさい状態が続き
結局いつの間にか治っていて久しぶりに調べてここにたどり着いて原因が判明した。
Posted by at 2015年11月28日 04:35
2で解決
問題に気づいて数分で解決しました。感謝!
Posted by at 2015年12月11日 07:27
エントリーの発表、ありがとうございました。おかげさまでゲーム「Quantum Break」に関する私の問題はほぼすべて解決致しました。

ちなみにこちらに辿り着く前に色々と手を尽くしていたため、私の場合は3のレジストリ。
別の方のコメントにもありますように、確かに気持ちのいい解決ではありませんし、根源的な解決とは言えません。

第一、この方法だとアラーム&クロックのアラームが起動しないなどの不具合が必ず発生します。
確たる論理的説明はできませんが、私はアラームに類するリマインダを多用しますので、概ね問題が起きなくなった時点でレジストリを元に戻しました。

するとあら不思議。これ以後「Runtime Broker」の名前はタスクリストにはいるものの、以前のような無茶なCPU消費をしなくなり、おとなしくなりました。

先日のWindows10アップデートの前に変更し、戻しましたので、アップデートで戻ったのか、私のPC固有の現象かの判断もできませんが、ご参考までに。
Posted by 石動恭介 at 2016年10月09日 00:33
連投失礼します。

エントリーからこれだけ時間が経てば当たり前ですが、レジストリパスが変更されています。
現在は私のPCで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TimeBrokerSvc
の複数パラメータのひとつに「Start」があり、変更するべき数値は同じ(無効4有効3)というカタチになっています。

Posted by 石動恭介 at 2016年10月09日 00:39
1の方法で解決しました!多謝、多謝!
無断でPCのCPUを占有してしまうのは如何なものでしょうかねえ!MSさん。
私はたまにDisk,CPU,Memory等の状況をチェックしておりますが、多くのWindowsユーザが何も知らずに使い続けている事でしょう。重くなったとか起動が遅くなったとか感じながら・・・
誰かが質問して来たら当ブログを教えてあげます!
Posted by J_F_K at 2016年10月15日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: