Windows10のUbuntuでChainerのインストールと動作確認、速度比較

2017年08月19日
元々、Windows10の環境にPythonを入れて、Chainerを動かして遊んでいたのですが、前回の記事「Windows10でUbuntuをストアでインストール:Error:0x8007007e、購入ボタングレーアウトなど解決」で書いた通り、Windows10上にUbuntu環境も作ったので、このUbuntu上でもChainerを動かしてみることにしました。

結果、割とすんなり動いたのですが、素のWindows10上でChainerを動かしたときと実行速度の印象に違いがありましたので、比較もしてみました。

環境構築と速度比較についてメモを残しておきます。
他の人には、あまり意味ないとは思いますけど。

続きを読む
posted at 21:05 | Comment(0) | IT関連

Windows10でUbuntuをストアでインストール:Error:0x8007007e、購入ボタングレーアウトなど解決

2017年08月14日
会社も夏季休暇に入り、少しまとまった時間を確保できたので、以前から気になっていたWindows 10のUbuntuをインストールしてみることにしました。

やってみると、思っていたより、かなり時間が掛かりました。
基本的には、ストアからインストールして、有効化するだけのはずなのですが、実際にはまったくインストールできず、かなり苦戦しましたので、メモしておきます。
続きを読む
posted at 01:14 | Comment(0) | IT関連

Google Chromeが頻繁にフリーズするのを解決できた

2016年05月16日
2016年のゴールデンウイーク頃から、Google Chromeが頻繁に固まるようになっていて困っていましたが、どうやら解決策がみつかったようなので、その方法をメモしておきます。

なお私の環境は、
・Windows 10
・Google Chrome 50.0.2661.102 m (64-bit)
・Rapport(IBM Security Trusteer Rapport)Emerald Build 1609.55インストール
です。

当然ですが、必ずしも私と同じやり方で解決するとは限りません。
また、放っておいてもChromeのバージョンアップで、そのうち解決する可能性もあります。
続きを読む
posted at 23:16 | Comment(3) | IT関連

Windows10でRuntime BrokerがCPUを消費していたのが解決しました

2015年08月11日
今日、特に何もアプリを動かしていないのに、PCのファンがフル稼働していることに気が付きました。
タスクマネージャで確認したところ、「Runtime Broker」というのがCPUを20%程度消費していました。

いろいろ調べて試していたら、なんとなく解決したっぽいので、メモしておきます。

なお私の環境は、先日Windows8.1からWindows10にアップデートしたものです。

※ 2015年9月6日追記
本日、同じ現象が発生して、それも解決したので追記しました。続きを読む
posted at 01:01 | Comment(7) | IT関連

mscorsvw.exe(.NET Runtime Optimization Service)でCPUが100%、C:\Windows\Tempにファイルが大量にできてディスクが一杯に→解決

2015年06月07日
最初に気が付いたのは、多分、今年の初め頃だったと思います。
C:\Windows\Tempに大量のファイルができていて、ディスクが一杯になっていました。

そのときは対処療法で一旦ファイルを削除して放置していましたが、最近再発したので対策してみました。
このときのメモを残しておきます。

ちなみに私の環境は、以下の通りです。
Windows 8.1
.NET framework 4.5
Visual Studio Community 2013 with Update 4
続きを読む
posted at 07:57 | Comment(0) | IT関連